人気ブログランキング |

カテゴリ:ワンポイントアドバイス( 34 )


パターの極意 パッティングスタイル(打ち方)

d0115886_2105384.jpg

「決めた事を実行するためのパッティングスタイル、打ち方はどうしたらいいの?」

打ち方(ストローク)は大きく分けて3種類。

1)ショルダーストローク(肩)
2)アームストローク(手首)
3)ショルダーとアームのコンビネーション

アマチュアの方に多いのは2番アーム(女性)、3番目のコンビネーション。
どちらもフォローで手首を伸ばしてヘッドを出すストロークで、引っ掛けやすくインパクトの強さがまちまちの距離感の出しにくい動きです。

1番の右手首の角度の変わらないショルダーストロークは、距離感が出やすくブレにくいので安定したパッティングになります。
パットが安定しない方は、肩の動きでストロークを意識してみてください。

by mg-one | 2012-01-08 23:45 | ワンポイントアドバイス

パターの極意 その2

d0115886_1020538.jpg

パッティングで1番大事なのは[決め打ち]出来るかどうかです!

何と無く、迷いながら打っていませんか?

まずは、読みが合っていなくてもいいので、しっかり決めてからのストロークすることです!

1)傾斜を読む
2)打ち出す方向を決める
3)振るスピードを決める
4)距離に合わせた振り幅を決める

そして、決めた事を素振りで体にすり込んでからストローク(実行する)。

しっかり決めることで、ああ少し強かった、弱かった。
曲がらなかった、曲がったなどと自分の読み方が違っていたことがはっきりします。

それから、素振りと同じようにストローク出来なかったなど…いらいろな事が分かるはずです。

決めて打つ事の繰り返しが距離感を養い、ラインもだんだん読めるようになっていきます。
すぐには上手にならないかもしれませんが、確実にレベルアップ出来るはずです。

「ミラクル」なんて言われる日も近いかも!試してみて下さい。

by mg-one | 2011-12-27 10:21 | ワンポイントアドバイス

パターの極意 その1

d0115886_1425125.jpg

最近に関わらずパター、パッティングの質問はよく受けます。

「せっかくショットが良かったのにパターが…」
聴けば、狙いにいっての3パット、4パットのオンパレード。
「届かなければ入らないよ」なんて言う人もいますが、そんなに簡単なものでありません。

まずは欲をかかず、距離合わせのパッティングを心掛けてみてはどうでしょうか。
そしてその延長がカップインへ。
更に、距離感を養う事にも!

by mg-one | 2011-12-16 00:58 | ワンポイントアドバイス

ピンフラッグ

先日の浜岡でのラウンド中の光景です005.gif
d0115886_138303.jpg

前の組のおじさん達は、グリーンでのパッティングが終わり旗竿を何気に差して行ってしまったようです。

根本までしっかり差さなかったので、風にあおられ斜めに!
もう1回強い風が吹けば、完全に倒れてしまいそうです045.gif
d0115886_1383917.jpg

カップのへりもかなり傷んでしまい、やな感じに007.gif
せっかくの綺麗なグリーンが台無しです。

後の方のためにも、慌てずきっちり差すように心掛けたいものですね!

by mg-one | 2009-02-16 23:56 | ワンポイントアドバイス

ラウンド前の練習

ラウンドの前にショットの練習をしますか?
d0115886_144227.jpg

ドライビングレンジ(練習場)がないコースもありますが、あれば朝イチ気分良くスタートするために10球でもいいから打っておきたいですね!045.gif

by mg-one | 2009-02-08 23:55 | ワンポイントアドバイス

ゴルフが上達する時

ゴルフが一番上達するのはコースから遠のく冬です。
違った動き、形を取り入れやすいのもこの時期ではないでしょうか。

ゴルフが上手くなるという事は良い動きに変わる事で、その動きを意識して出来るようになる事だと思います。

変える、変わる事を怖がらないで色々な動きに挑戦してみてください。
d0115886_1505490.jpg

スランプは、その上のレベルに上がるためステップで、もう一度基本を見直すチャンスだと思って乗り切りましょう066.gif

良い動きは良いアドレスから
困った時は、もう一度をアドレスをチェックし直してみてください!
簡単に直ったりしますよ005.gif

by mg-one | 2009-02-04 00:15 | ワンポイントアドバイス

グリーンは凍っています

この時期は午前中、グリーンが凍っている事も多いのではないでしょうか!
特に、山岳コースの日陰の場所は1日中凍っている事も005.gif
d0115886_10365083.jpg

グリーンの凍結防止に、シルバーのシートを掛けて対策をしているゴルフ場もあります。
-2℃ぐらいまでは効果があるみたいですが、それ以上冷え込むと凍ってしまうようです。

グリーンが凍るこの時期に、ランニングアプローチをマスターしてみては029.gif

先日のテレビで、遼くんがフェアウェイウッド(FW)でアプローチしていたのを見ていた方も多いのではないでしょうか。
凍っている時も有効です。パターと同じ感覚で大丈夫、5Wがオススメ!004.gif
女性にはユーティリティーの方が○

いろいろなクラブで転がしてみてください!
冬場のゴルフが楽しくなるはずです045.gif

by mg-one | 2009-01-21 10:37 | ワンポイントアドバイス

勝ちましたね! 遼くん

最近、遼くん強くなってきたなぁ~と思ったら、あっという間に優勝しちゃいましたね。
凄い。ツアー最年少Vおめでとう024.gif
負けてられないですね!

新聞に載っていた遼くんへの一問一答で、気持ちのコントロールについてこんなコメントが書かれていました。
「気持ちに起伏があったら、いいスコアなんて出せるわけない、と自然に言えるようになった。一打一打に怒ったり、悔しがったり、そういうものは最後の最後まで必要ないものだと思う」

17歳でここまで言い切れるのは大したものです017.gif

この記事を読んで、僕が研修生だった頃、師匠のプロに言われた事を思い出しました。
「絶対にキレちゃだめだぞ!癖になるから。」
師匠のお陰でゴルフでキレたことは一度もありません。キレてる暇はありませんから045.gif

失敗を悔やむより、次のショットの事を考えるようなプレーをしてもらいたいです。
クラブで地面を叩いたり、不機嫌になって同伴プレーヤーに嫌な思いをさせたりする暇があるなら、しっかりボールの行方を見て次のショットの事を考えましょう。

by mg-one | 2008-11-03 22:36 | ワンポイントアドバイス

抽選棒

スタートホールのティーグランドに置いてある抽選棒。
d0115886_118985.jpg

朝一番、打つ順番を決めます。
無いときはティーを投げて、向いた人から時計回りの順で打つのが一般的です034.gif

「一番最初は嫌だ」なんて言っている人は、大概一番になるんですよねぇ007.gif
本当は一番最初がいいんですがね。

by mg-one | 2008-08-16 01:18 | ワンポイントアドバイス

隣のホールにお邪魔する時

d0115886_227098.jpg

打ったボールが隣のホールに行ってしまった時、隣でプレーしている人に声をかけていますか?039.gif

隣のホールでプレーをしていないことを確認してから「すみません」、「お邪魔します」と声をかけ会釈をしてから、ボールを出しましょう001.gif
もし反対の立場で、隣のホールからボールが来てすみませんと声をかけられたら、「どうぞ」と返答しましょう。

立ち去る時も軽く会釈できたら完璧です。
隣のホールの方が優先なので、進行具合を気にしながら敏速に済ませます。
球探しに夢中で、プレーしている人がいるのに突然隣のホールに入ったりするのは、マナー違反ですしとても危険です022.gif
お互い気持ちよくプレーしたいですよね006.gif

d0115886_227915.jpg

最近はセルフプレーが増え、カップの位置の違いでピンフラッグの色を変えているゴルフ場も結構あります。

GPSナビ付きのカートを設置しているゴルフ場だと、ピンの位置、芝目もかなり正確に分かり、迷わず即決断しやすいです001.gif

by mg-one | 2008-08-14 02:38 | ワンポイントアドバイス
line

日本プロゴルフ協会(PGA)ティーチングプロがレッスンやゴルフのワンポイントアドバイス、日々の出来事などの話題をブログで公開。http://www.mg-one.com/


by mg-one
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31